―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

糖尿病を予防する食事にベストな宅配食サービス

糖尿病宅配食サービスを調べる為の情報を手に入れたいなら、糖尿病宅配食サービスについて載せている専用サイトを見てみると良いですよ!本当に貴重な糖尿病宅配食サービスの情報を、どんなウェブページよりもしっかりと理解することが可能です。
トップページ > 糖尿病予防のための食生活のポイント

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

糖尿病予防のための食生活のポイント

人は加齢とともに筋肉でのインスリンによる糖取り込みが減少します。

血糖値の上昇につながる原因の一つです。

とりわけ食事の後は、ブドウ糖が急激に体内へ吸収されるため血糖値が上がります。

血糖値が上昇するのを防ぐ方法として「ベジタブルファースト」があります。

食事の際、野菜から先に食べる食事法です。

食物繊維が多量に含まれたゴボウやキャベツなどの野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを緩和します。

数多くの食品群にはさまざまな栄養素が含まれており、それらを適量摂取することが、バランスのとれた糖尿病の方の食事です。

それぞれにふさわしいエネルギー量を超えることなく、調和のとれた食事摂取において「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、とても参考になります。

その食品交換表で私たちが日々摂取している食品を見てみると、栄養素が多く含まれる種類によって、食品グループを6つ(また6つの表)に分割し調味料とは分けて、食品の重量を掲載していますが、その基準は1単位80kcalです。毎日の食事を食品交換表と照らし合わせることで、料理のメニューの参考にもなります。2型糖尿病や肥満の原因のひとつとして体内時計の乱れがあります。日々の睡眠・体温・血圧、あるいは体内の糖代謝・脂質代謝といった、全ての生理機能には日内リズムがあって、いわゆる「体内時計」によってコントロールされています。

日々の生活習慣は、「体内時計」に影響をもたらします。

「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」を表したものです。

「どの食品をどれくらいの量摂取するか」といったこれまでの栄養学に、「食べるタイミング」といった体内時計の特質を付け足し、食事のリズムと機能性との関係について調査する新しい研究分野です。

糖尿病予備群と言われた事のある方のなかには、「自分には何の自覚症状もないから、好きなものを食べて、スポーツもなかなかできる時間がない」と思っている人も多いでしょう。糖尿病予備軍といわれている間は無自覚なため、予防のための注意を払うことは少ないかもしれません。

そのうち、次第に境界型という糖尿病になってくると、だんだんと自覚症状も出てきます。例えば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが出にくくなったりする変化は、無自覚のうちから顕れ、やがて糖尿病と診断されます。「緩やかな糖質制限食」は、1食あたり糖質40グラムまでが目安です。

3食バランスよく食べて、ご飯を少なく摂ることが大事です。

若い人にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。

「カツ丼とざるそばセット」のようなものも同様です。

つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないということです。

糖質制限を意識して「バランスのとれた外食とご飯の摂り方に注意しましょう」と、すすめています。

「緩やかな糖質制限食」では、カロリーはあまり気にせず、野菜・お魚・お肉といった食材もどんどん摂りましょう。

腎臓病の一つである糖尿病は、血糖値を正常に保つインスリンとよばれるホルモンがバランスを崩し、血糖値が上昇したままの状態が続く病気です。

糖尿病発症後は治療の目的として、生涯にわたり正常なバランスを維持するための体重・血圧・血糖・血清脂質の管理を継続することで、糖尿病の合併症である網膜症・腎症・神経障害や動脈硬化症、いわゆる心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽を防ぎ、健康的な心とからだを保ち、充実した人生をおくるようにすることです。食事療法をはじめとした治療が適切に行われれば、その他の発症や進行における糖尿病合併症や動脈硬化症を防ぐことができます。

あなたにとって適正な総摂取エネルギーが1日1600kcalと指示された場合、1日における食品との交換は20単位となりますが、栄養素の種類がバランスよく含まれているかを考えて選ぶことが大切です。

「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っています。日常的に、カロリーや栄養素を把握しておくと便利です。

食事療法だけでなく薬物療法も行っている場合、適切なタイミングで食べものを摂らないと、条件次第では低血糖を誘発するおそれがあるので留意してください。

旬の食べものを積極的に取り入れたメニューや、上手に外食の仕方を工夫して、満足のいく食事療法を実践してください。

例えば糖尿病になったら、食べられる食事が限られてしまうと思い込んでしまう患者さんが多いことでしょう。

しかし、糖尿病を患ったからといって、食べられる食品はたくさんあります。「食事療法」といっても特別なメニューがあるわけではなく、食べ物に含まれるさまざまな栄養素のバランスと個々に合った総摂取エネルギーを照らし合わせながら実践することが重要になります。

食事療法のそもそもの目的は、糖尿病患者さんだから守らないといけないものではなく、健康なひとでさえ日常的に意識しないといけないということです。

糖尿病は、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に大別できます。

なかでも、毎日の食事や生活スタイルが深く関わりもっとも多く罹患するのが、「2型糖尿病」です。

血糖値が高くなっても自覚症状を感じることが稀なため、そのまま状態が進行し悪化すると多くの合併症の引き金になります。2型糖尿病の大きな原因は誤った食生活に由来するため、食生活を改善して治療へ繋げなくてはなりません。

体重や血糖を意識して調整し糖尿病性の合併症を予防、そのうえ悪化を食い止めることも食事療法の主旨です。

食べる量は、できれば3食同じぐらいに食べるのがよいのですが、夕食の分量に多く偏ってしまいます。

時間を割いて食事をゆっくり摂るために、20分は必要です。時間をかけることで、血糖値の上昇を防いだり、満腹中枢が満たされたりするからです。いくら仕事が忙しくても、食事を5分ほどですませるのは避けましょう。

食物繊維は血糖値を下げる作用を促しますので、海藻類やきのこ類はたくさん食べて下さい。ポテトやコーンは糖質が多いので要注意です。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 糖尿病を予防する食事にベストな宅配食サービス All rights reserved.