―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

糖尿病を予防する食事にベストな宅配食サービス

糖尿病宅配食サービスを調べる為の情報を手に入れたいなら、糖尿病宅配食サービスについて載せている専用サイトを見てみると良いですよ!本当に貴重な糖尿病宅配食サービスの情報を、どんなウェブページよりもしっかりと理解することが可能です。
トップページ > 糖尿病は、慢性的に血液中のブドウ糖濃度が高い状態が続く病気

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

糖尿病は、慢性的に血液中のブドウ糖濃度が高い状態が続く病気

糖尿病になったら、厳しい食事制限をしなければいけないと想像している患者さんが多数だと思います。

ですが、糖尿病の患者さんの思いとはうらはらに、大抵の食べものを摂ることができます。

「食事療法」といっても特別なメニューがあるわけではなく、食べ物の栄養バランスと総摂取エネルギーを考えながら実践することが目的になります。この食事療法の考えは、糖尿病患者さんだから守らないといけないものではなく、健康なひとも含めみんなが考えないといけないことなのです。

3食の分量は、できれば食事ごとに同量程度が理想的ですが、やはり夕食がどうしても多くなってしまいます。

食事にかける時間は、忙しくても20分は取ることです。そうした方が、血糖値の上昇を抑制できたり、満腹感が増し食べ過ぎを防止できるからです。いくら仕事が忙しくても、短時間で食事をと摂るようなことは控えましょう。

血糖値を下げるには食物繊維が望ましいので、海藻類やきのこ類を多く摂るようにしてください。

ポテトやコーンには多くの糖質が含まれているので気を配ってください。糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンというホルモンがバランスを崩し、血糖値が上昇したままの状態が続く病気です。

糖尿病を治療するにあたって、生涯をかけた目標は血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで、その他の病症を合併する可能性を避けることができ、健康な人と同様に活動的な日常生活や満たされた人生を送れるように努めることです。治療のための食事療法を正しく実行すれば、その他の発症や進行における糖尿病合併症や動脈硬化症を防ぐことができます。2型糖尿病や肥満の原因のひとつとして体内時計の乱れがあります。日々の睡眠・体温・血圧、あるいは体内の糖代謝・脂質代謝といった、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、いわゆる「体内時計」によってコントロールされています。

「体内時計」は、日々の生活習慣で決まります。聞きなれない「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」を指します。「何をどのくらい食べるか」という従来の栄養学に、「食べるタイミング」といった体内時計の観点をプラスし、食事のリズムと効果の関わりについて調査する新しい研究分野です。もしあなたが、お医者さんから1日1600kcalの総摂取エネルギーが理想的だと言われた場合、食品との置き換えの目安が1日20単位になりますが、バランスのよい栄養素を摂取することが大事になってきます。

みなさんがよく知っている外食メニューも、「食品交換表」には掲載されています。参考にして、ある程度のカロリーや栄養素を覚えておくとよいでしょう。

食事療法だけでなく薬物療法も行っている場合、どのタイミングで食事をすればよいのか把握しておかないと、状況次第では低血糖になるおそれがあるので注意が必要です。その季節独特の食材をメニューに取り入れたり、外食の仕方にもアイデアを取り入れて、充実した食事療法を行ってください。「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取する糖質が40gまでとされています。

一日3食のバランスを考えながら、ご飯の量を減らすことが重要です。

若い人が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番不適切です。

「カツ丼とざるそばセット」のようなものも同様です。要するに、糖質過多の食習慣はよくないということです。糖質制限を意識して「バランスのとれた外食とご飯の摂り方に注意しましょう」と、提言しています。

「緩やかな糖質制限食」では、カロリーはあまり気にせず、野菜やお魚・お肉なども豊富に摂取しましょう。

糖尿病は、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に大別できます。

とりわけ、食事の習慣・生活習慣が大きく影響し最も多くの患者数を有するのが、「2型糖尿病」です。当初はほとんど自覚症状がなく、たいてい血糖値の高さにも気づきませんが、病状の継続・悪化につながり多くの合併症を引き寄せてしまいます。

2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、治療には食生活の見直しと改善が必要です。体重や血糖をコントロールし糖尿病性の合併症を予防、併せて悪化へ導かないことも食事療法の目的です。

人は加齢とともにインスリンの働きが低下するため筋肉への糖の吸収が減っていきます。

そのため、血糖値が上昇しやすくなります。食事の後は一段と、ブドウ糖が急激に体内へ吸収されるため血糖値が上がります。

血糖値上昇を防ぐ手段が「ベジタブルファースト」です。まずは野菜から食べるといった食事法です。

食物繊維を多く含んだゴボウやキャベツなどの野菜は、他の食べ物の消化吸収を緩やかにする作用をもたらします。

また、ご飯や麺類といった炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするので、体内にブドウ糖が吸収されるのを和らげます。多種多様な栄養素を適量摂ることが、バランスのとれた糖尿病の方の食事です。適正なエネルギー量の範囲内で、バランスのよい食事をとるために「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、非常に役に立ちます。

その食品交換表で私たちが日々摂取している食品を見てみると、その中に多く含有される栄養素ごとに、6つの食品グループ(6つの表)と調味料に分けて、80kcal(1単位)のエネルギーを含む食品の重量を掲載しています。毎日の食事を食品交換表と照らし合わせることで、献立づくりの悩み解消にもなります。健康診断などで糖尿病予備軍と注意を受けた経験のある方たちのなかで、「まだ糖尿病になったわけじゃないから、今は食生活を改善したり、適度な運動も必要だと思うけどできない」と考えている方々もいるでしょう。

自覚症状のない病気の場合は、前もって生活を変えるということは難しいことです。

しかし、糖尿病の境界型になると、検査の結果にも色々な変化が顕れ始めます。例えば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの数値に変化が及ぶ状態は、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 糖尿病を予防する食事にベストな宅配食サービス All rights reserved.