―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

糖尿病を予防する食事にベストな宅配食サービス

糖尿病宅配食サービスを調べる為の情報を手に入れたいなら、糖尿病宅配食サービスについて載せている専用サイトを見てみると良いですよ!本当に貴重な糖尿病宅配食サービスの情報を、どんなウェブページよりもしっかりと理解することが可能です。
トップページ > 糖尿病を予防するには、食生活の改善だけでなく運動を生活に取り入れることが大事

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

糖尿病を予防するには、食生活の改善だけでなく運動を生活に取り入れることが大事

1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病が、主な糖尿病の種類です。その中でも、食生活や生活習慣と関わりが深く「2型糖尿病」はその代表として、最も多くの患者数です。

初めは血糖値が高いこと自体に自覚症状を感じないことが多いですが、病状の継続・悪化につながり多くの合併症を引き寄せてしまいます。

2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、治療には食生活の見直しと改善が必要です。

体重や血糖をコントロールし糖尿病性の合併症を予防、そして悪化を防ぐことも食事療法の目的です。

食事について、一日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、やはり夕食がどうしても多くなってしまいます。

忙がしくて、食事には20分の余裕をもって食べることです。食事に時間をかけることで、血糖値の上昇を抑えたり、満腹中枢が満足したりするからです。

仕事で時間が取れなくても、5分で食事をすませるようなことは控えましょう。食物繊維には上昇した血糖値を下げる効果がありますので、より多くの海藻類・きのこ類を食べるようにしてください。

ポテトやコーンは糖質が多いので要注意です。

「緩やかな糖質制限食」は、1食あたり糖質40グラムまでが目安です。

一日3食のバランスを考えながら、ご飯は少なめにすることが重要です。糖質ばかりの「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。

同様に「カツ丼とざるそばセット」なども好ましくありません。

つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないということです。糖質制限の例として種類の多い幕の内弁当とご飯を少なく摂ることを、推奨しています。「緩やかな糖質制限食」では、厳密なカロリー制限をせずに、野菜のほか、お魚・お肉もいっぱい食べましょう。

もしあなたが、お医者さんから1日1600kcalの総摂取エネルギーが理想的だと言われた場合、食品との置き換えの目安が1日20単位になりますが、栄養素のバランスを考えることが重要になってきます。みなさんがよく知っている外食メニューも、「食品交換表」には掲載されています。

参考にして、ある程度のカロリーや栄養素を覚えておくとよいでしょう。

薬物療法を行っている場合、食べものを摂るタイミングをしっかり意識しておかないと、状況次第では低血糖になるおそれがあるので注意が必要です。

季節の変化を取り入れた献立作りや、外食の仕方をうまく取り入れながら、食事療法を上手に活用してください。糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンというホルモンに異常が見られ、血糖値がなかなか下がらなくなる病気です。

糖尿病の治療には多くの時間が必要ですが、その目的は体重・血圧・血糖・血清脂質の数値を正常な状態に近づけることで、その他の病症を合併する可能性を避けることができ、病気に縛られない普段の生活や満たされた人生を送れるように努めることです。

治療のための食事療法を正しく実行すれば、糖尿病に追随するその他の病症(合併症や動脈硬化症など)も回避できます。

体内時計が乱れると2型糖尿病や肥満のリスクが上昇します。毎日の睡眠や体温、また体内の血圧や糖代謝・脂質代謝など、それらの生理機能には日内リズムというものがあり、「体内時計」によって大きく作用します。日々の生活習慣は、「体内時計」に影響をもたらします。

「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」のことです。栄養学の基本である「何をどのくらい食べるか」に併せ、体内時計の特徴を踏まえた「いつ食べるか」を加えて、食事のタイミングと作用について研究する新しい分野です。

多種多様な栄養素を適量摂ることが、バランスのとれた糖尿病の方の食事です。個々に応じたエネルギー量の範囲内で、調和のとれた食事をとるために「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、とても参考になります。

私たちが毎日食べている食品を食品交換表で参照してみると、そのうち最も多い栄養素をもとに、6つの表をつくり6つの食品グループと調味料に分類し、80kcal(1単位)のエネルギーを含む食品の重量を掲載しています。

毎日の食事を食品交換表と照らし合わせることで、献立への迷いも払拭できるでしょう。一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと思い込んでしまう患者さんが多いことでしょう。ですが、糖尿病の患者さんの思いとはうらはらに、食べられないものは何もありません。「食事療法」用に用意された献立があるのではなく、それぞれに必要な総摂取エネルギーと栄養素を照らし合わせながら実践することが重要になります。

この食事療法の考えは、糖尿病の方だけに必須な条件ではなく、健康なひとでさえ日常的に意識しないといけないということです。

糖尿病に罹患する可能性を告げられた方のなかには、「何となく食生活改善の必要性は感じるけど、実行できていない、運動をしたりする必要はない」と思っている人がいるかもしれません。

正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、考えを改めることはなかなかできません。糖尿病予備軍から次第に境界型へと症状が移行すると、病状が顕著になり始めます。

体内の重要なホルモンのうち、血糖値を下げるために欠かすことのできないインスリンの数値に変化が及ぶ状態は、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。

人は年齢とともに筋肉でのインスリンによる糖の吸収が減っていきます。

その結果、血糖値の上昇へとつながります。

食事の後は特に、ブドウ糖が体内へ一気に取り込まれるため血糖値が上がります。「ベジタブルファースト」は血糖値上昇の予防につながります。

食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。

食物繊維を豊富に含むゴボウやキャベツといった野菜は、ほかの食品の消化吸収を緩やかにする効果があります。ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを軽減します。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 糖尿病を予防する食事にベストな宅配食サービス All rights reserved.