―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

糖尿病を予防する食事にベストな宅配食サービス

糖尿病宅配食サービスを調べる為の情報を手に入れたいなら、糖尿病宅配食サービスについて載せている専用サイトを見てみると良いですよ!本当に貴重な糖尿病宅配食サービスの情報を、どんなウェブページよりもしっかりと理解することが可能です。
トップページ > 糖尿病食は健康食

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

糖尿病食は健康食

糖代謝や血圧・脂質代謝・睡眠や体温など、それらの生理機能は日内リズムに伴って変化し、「体内時計」によって制御されています。「体内時計」は、日々の生活習慣で決まります。

「体内時計を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれています。

「どの食品をどれくらいの量摂取するか」といったこれまでの栄養学に、体内時計の観点から「食べるタイミング」を加え、食事のリズムと効果の関わりについて新しく研究する分野です。

多種多様な栄養素を適量摂ることが、糖尿病の方にとっては理想的な食事です。

個々に応じたエネルギー量の範囲内で、調和のとれた食事をとるために「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、とても参考になります。食品交換表というのは私たちが普段摂取している食品を、栄養素が多く含まれる種類によって、6つの表をつくり6つの食品グループと調味料に分類し、食品の重量を掲載していますが、その基準は1単位80kcalです。毎日の食事を食品交換表と照らし合わせることで、日々の献立づくりの幅が広がります。

1日の総摂取エネルギーが1600kcalと指示されているひとについては、食品のうち1日に交換できる単位が20となりますが、栄養素の種類がバランスよく含まれているかを考えて選ぶことが大切です。

いわゆる「食品交換表」には、外食メニューの代表的なものも掲載されています。目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。薬物療法を行っている場合、食べものを摂るタイミングをしっかり意識しておかないと、状況次第では低血糖になるおそれがあるので注意が必要です。

その季節独特の食材をメニューに取り入れたり、外食の仕方にも工夫を凝らして、食事療法を豊かにしてください。健康診断などで糖尿病予備軍と注意を受けた経験のある方たちのなかで、「食生活を改めたいけれど、なかなか難しい、特別な運動は必要ないのではないか」と言う方もいるかもしれません。

大抵は糖尿病予備軍で症状が出ることは稀なので、意識して生活の改善を図ることはめずらしいことです。ですが、糖尿病の中でも境界型という段階になると、検査の結果にも色々な変化が顕れ始めます。

特に、血糖値を下げる際に重要な役割をするホルモン、インスリンの数値に変化が及ぶ状態は、自覚症状のない時から出てきます。

糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンというホルモンの機能が悪化し、長期にわたって血糖値が下がりにくくなる病気です。糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって正常なバランスを維持するための体重・血圧・血糖・血清脂質の管理を継続することで、その他の病症を合併する可能性を避けることができ、病気に縛られない普段の生活や充実した人生をおくるようにすることです。

適切な指導による食事療法などは治療の一環として、糖尿病に追随するその他の病症(合併症や動脈硬化症など)も回避できます。

インスリンの作用は年齢とともに低下するため筋肉への糖の取り込みが減少します。その結果、血糖値の上昇へとつながります。

食事の後は一段と、ブドウ糖が急激に体内へ吸収されるため血糖値が上がります。

「ベジタブルファースト」は血糖値上昇の予防につながります。

食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。ゴボウやキャベツといった食物繊維をたくさん含む野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。

ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくりと吸収するため、ブドウ糖が体内に吸収されるのを緩和します。

一日3回の食事の量は、毎食ごとなるべく同じくらいがよいのですが、どうしても夕食が多くなってしまいます。

食事は、忙しくても20分かけてゆっくり食べることです。

そうした食習慣で、血糖値が上昇するのを抑えたり、満腹中枢が刺激され食欲が満たされるからです。

忙しいとき、仕事の合間に5分ぐらいで食事をしてしまうのは避けましょう。

食物繊維は血糖値を下げる効果がありますので、より多くの海藻類・きのこ類を食べるようにしてください。

糖質の多い食品(ポテト・コーンなど)は意識しながら摂ってください。

糖尿病になったら、厳しい食事制限をしなければいけないと考える患者さんがほとんどかもしれません。ですが、糖尿病の患者さんの思いとはうらはらに、食べられない食品はほとんどありません。

「食事療法」といっても特別なメニューがあるわけではなく、食べ物に含まれるさまざまな栄養素のバランスと個々に合った総摂取エネルギーを照らし合わせながら実践することが重要になります。

もともと食事療法の目的は、糖尿病の方だけに必須な条件ではなく、常々みんなが意識して考えないといけないということです。

糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があります。

とりわけ、食事の習慣・生活習慣が大きく影響しもっとも多く罹患するのが、「2型糖尿病」です。

血糖値が高くなっても自覚症状を感じることが稀なため、何かと病状悪化の原因となり多くの合併症の引き金になります。

2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、治療には食生活の見直しと改善が必要です。

糖尿病性の合併症を防ぐための体重や血糖のコントロール、併せて悪化へ導かないことも食事療法の目的です。

「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂取量の目安が1食あたり40gまでです。

毎食バランスを考えて摂り、ご飯の量を減らすことが重要です。

若い人が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番不適切です。

「カツ丼とざるそばセット」のようなものも良くありません。

つまり、バランスの偏った糖質ばかりの食事はよくないということです。

糖質制限を意識して「バランスのとれた外食とご飯の摂り方に注意しましょう」と、すすめています。

「緩やかな糖質制限食」では、カロリーはあまり気にせず、野菜のほか、お魚・お肉もいっぱい食べましょう。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 糖尿病を予防する食事にベストな宅配食サービス All rights reserved.