―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

糖尿病を予防する食事にベストな宅配食サービス

糖尿病宅配食サービスを調べる為の情報を手に入れたいなら、糖尿病宅配食サービスについて載せている専用サイトを見てみると良いですよ!本当に貴重な糖尿病宅配食サービスの情報を、どんなウェブページよりもしっかりと理解することが可能です。
トップページ > 体内時計の乱れは2型糖尿病や肥満のリスクを引き寄せるおそれがある

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

体内時計の乱れは2型糖尿病や肥満のリスクを引き寄せるおそれがある

体内時計の乱れは2型糖尿病や肥満のリスクを引き寄せるおそれがあります。毎日の睡眠や体温、また体内の血圧や糖代謝・脂質代謝など、それらの生理機能には日内リズムというものがあり、いわゆる「体内時計」によってコントロールされています。「体内時計」は、日々の生活習慣で決まります。「体内時計を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれています。「何をどのくらい食べるか」といった栄養学に伴い、「いつ食べるか」という体内時計の視点を加えて、食事のタイミングと作用について新しく研究する分野です。人は年齢とともに筋肉でのインスリンによる糖の吸収が減っていきます。血糖値が上昇しやすくなるのは、そのためです。

食事の後は特に、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値が上昇するのを防ぐ方法として「ベジタブルファースト」があります。

食事の際、野菜から先に食べる食事法です。

食物繊維が多量に含まれたゴボウやキャベツなどの野菜は、作用として他の食品の消化吸収を緩やかにします。

併せて、ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくり吸収するので、ブドウ糖が体内に吸収されるのを緩和します。食べる量は、できれば3食同じぐらいに食べるのがよいのですが、夕食の分量に多く偏ってしまいます。

時間を割いて食事をゆっくり摂るために、20分は必要です。

時間をかけることで、血糖値の上昇を防いだり、満腹中枢が刺激され食欲が満たされるからです。

仕事で時間が取れなくても、5分で食事をすませるようなことは控えましょう。血糖値を下げるには食物繊維が望ましいので、海藻類やきのこ類はたくさん食べて下さい。

糖質が多く含まれるポテトやコーンを摂取する場合は要注意です。

糖質の摂取目安として、「緩やかな糖質制限食」では1食につき40gまでとされています。

毎食バランスを考えて摂り、できるだけご飯を少なくすることが大事です。

若い人にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。

同じように「カツ丼とざるそばセット」なども避けた方がよいでしょう。

つまり、バランスの偏った糖質ばかりの食事はよくないということです。糖質制限の観点からも「幕の内弁当にしましょう。

そしてご飯は半分残しましょう」と、推奨しています。

「緩やかな糖質制限食」では、あまりカロリーを気にしないで、野菜やお魚・お肉なども豊富に摂取しましょう。

糖尿病を大別すると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病となります。とりわけ、食事の習慣・生活習慣が大きく影響し発症率の高さで最も多いのが、「2型糖尿病」です。

自覚症状が出ないため血糖値の高さにも気づかないことが多いですが、そのまま状態が進行し悪化するとやがて合併症を引き起こす要因となります。

2型糖尿病の大きな原因は誤った食生活に由来するため、食生活を見直さなければ治療へと進めません。

体重や血糖をコントロールし糖尿病性の合併症を予防、併せて悪化へ導かないことも食事療法の目的です。

バラエティに富んだ食品から適量な栄養素を摂取することが、糖尿病の進行を予防する食事法でもあります。

個々に応じたエネルギー量の範囲内で、調和のとれた食事をとるために「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、とても参考になります。

私たちが毎日食べている食品を食品交換表で参照してみると、その中に多く含有される栄養素ごとに、6つの食品グループと表で示し調味料とは分けて、1単位80kcalに合わせた食品の重量が掲載してあります。

そうした食品交換表を参考にすることで、日々の献立づくりの幅が広がります。腎臓病の一つである糖尿病は、血糖値を正常に保つインスリンとよばれるホルモンがうまく働かなくなり、慢性的に血糖値が高くなる病気です。

糖尿病の治療には多くの時間が必要ですが、その目的は正常なバランスを維持するための体重・血圧・血糖・血清脂質の管理を継続することで、例えば、網膜症・腎症・神経障害などの合併症、心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽などの動脈硬化症を予防し、日常の生活に支障をきたさないよう人生を謳歌できるよう努めることです。

治療のための食事療法を正しく実行すれば、糖尿病の悪化を防ぎ、その他の合併症や動脈硬化症への予防にもつながります。

医師から指示されている1日の総摂取エネルギーが1600kcalの場合、食品のうち1日に交換できる単位が20となりますが、それぞれの栄養素が偏らないように選ぶことが大事です。

「食品交換表」には、代表的な外食メニューも載っています。

カロリーや栄養素を参考にしておくとよいでしょう。薬物療法を行っている場合、どのタイミングで食事をすればよいのか把握しておかないと、低血糖になることがあるので注意が必要です。

献立をマンネリ化させない工夫をしたり、上手に外食の仕方を工夫して、満足のいく食事療法を実践してください。

一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと考える患者さんがほとんどかもしれません。

しかし、糖尿病を患ったからといって、食べられる食品はたくさんあります。

「食事療法」には、これといった限定されたメニューがあるわけではなく、食べ物の栄養バランスと総摂取エネルギーを照らし合わせながら実践することが重要になります。

食事療法のそもそもの目的は、糖尿病の患者さんのみに与えられたものではなく、本来健康なひとでも考えないといけないことなのです。糖尿病予備群と言われた事のある方のなかには、「食生活を改めたいけれど、なかなか難しい、適度な運動も必要だと思うけどできない」と考えている方々もいるでしょう。

正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、予防のための注意を払うことは少ないかもしれません。ですが、糖尿病の中でも境界型という段階になると、検査の結果にも色々な変化が顕れ始めます。体内の重要なホルモンのうち、血糖値を下げるために欠かすことのできないインスリンが出にくくなったりする変化は、無自覚のうちから顕れ、やがて糖尿病と診断されます。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 糖尿病を予防する食事にベストな宅配食サービス All rights reserved.