―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

糖尿病を予防する食事にベストな宅配食サービス

糖尿病宅配食サービスを調べる為の情報を手に入れたいなら、糖尿病宅配食サービスについて載せている専用サイトを見てみると良いですよ!本当に貴重な糖尿病宅配食サービスの情報を、どんなウェブページよりもしっかりと理解することが可能です。
トップページ > 食事療法の基本的な考え方はカロリーを必要以上にとらないこと

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

食事療法の基本的な考え方はカロリーを必要以上にとらないこと

バラエティに富んだ食品から適量な栄養素を摂取することが、バランスのとれた糖尿病の方の食事です。それぞれにふさわしいエネルギー量を超えることなく、調和のとれた食事摂取において「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、とても参考になります。

食品交換表では私たちが日常食べている食品を、それぞれに多く含まれている栄養素をもとにして、6つの食品グループ(6つの表)と調味料に分けて、食品の重量を1単位80kcalとして掲載しています。

日常的に食品交換表を利用することで、献立への迷いも払拭できるでしょう。

糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があります。その中でも、食生活や生活習慣と関わりが深く発症率の高さで最も多いのが、「2型糖尿病」です。

はじめは血糖値が高くても自覚症状が伴わず、そのことが悪化の原因となってしまいゆくゆくは合併症の要因になってしまいます。適切でない食習慣は2型糖尿病の原因にもなりかねないので、治療には食生活の見直しと改善が必要です。

体重や血糖を意識して調整し糖尿病性の合併症を予防、そして悪化を防ぐことも食事療法の目的です。医師から指示されている1日の総摂取エネルギーが1600kcalの場合、1日における食品との交換は20単位となりますが、バランスのよい栄養素を摂取することが大事になってきます。

代表的な外食メニューも、「食品交換表」には紹介されています。

日常的に、カロリーや栄養素を把握しておくと便利です。

一方、薬物療法を受けている患者さんの場合、適切なタイミングで食べものを摂らないと、低血糖を促すリスクが高まるので注意することです。

季節の変化を取り入れた献立作りや、上手に外食の仕方を工夫して、満足のいく食事療法を実践してください。

例えば糖尿病になったら、食べられる食事が限られてしまうと考える患者さんが多いと思います。

ところが、糖尿病になったからといって、食べられないものは何もありません。「食事療法」には、これといった限定されたメニューがあるわけではなく、個人に必要な総摂取エネルギーの範囲内で食べ物の栄養バランスを工夫しながら実践することが目的です。こうした食事療法の目的は、糖尿病の方だけに必須な条件ではなく、常々みんなが意識して考えないといけないということです。

人は加齢とともに筋肉でのインスリンによる糖取り込みが減少します。したがって、血糖値が上昇しやすくなります。

食事の後は特に、ブドウ糖が体内へ一気に取り込まれるため血糖値が上がります。

血糖値上昇を防ぐ手段が「ベジタブルファースト」です。

まずは野菜から食べるといった食事法です。ゴボウやキャベツなどの食物繊維を豊富に含む野菜は、作用として他の食品の消化吸収を緩やかにします。

また、ご飯や麺類といった炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするので、ブドウ糖が体内に吸収されるのを軽減します。

糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンというホルモンがうまく働かなくなり、血糖値がなかなか下がらなくなる病気です。糖尿病発症後は治療の目的として、生涯にわたり体重・血圧・血糖・血清脂質の数値を正常な状態に近づけることで、糖尿病の合併症である網膜症・腎症・神経障害や動脈硬化症、いわゆる心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽を防ぎ、自由にからだを動かし活発な日常生活はもちろんのこと、実り多き時間を過ごすことです。

食事療法をはじめとした治療が適切に行われれば、その他の発症や進行における糖尿病合併症や動脈硬化症を防ぐことができます。糖尿病予備群と言われた事のある方のなかには、「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活で大丈夫、特別な運動は必要ないのではないか」と言う方もいるかもしれません。大抵は糖尿病予備軍で症状が出ることは稀なので、考えを改めることはなかなかできません。しかし、糖尿病の境界型になると、病状が顕著になり始めます。体内の重要なホルモンのうち、血糖値を下げるために欠かすことのできないインスリン値に異常が出てくる反応は、自覚症状のない時から出てきます。

体内時計の乱れは2型糖尿病や肥満のリスクを引き寄せるおそれがあります。日々の睡眠・体温・血圧、あるいは体内の糖代謝・脂質代謝といった、それらの生理機能は日内リズムに伴って変化し、いわゆる「体内時計」によってコントロールされています。毎日の生活習慣は、「体内時計」に多大な影響を及ぼします。

「体内時計を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれています。栄養学の基本である「何をどのくらい食べるか」に併せ、「食べるタイミング」といった体内時計の観点をプラスし、食事のタイミングと作用について調べる新しい研究分野です。

3食の分量は、できれば食事ごとに同量程度が理想的ですが、やはり夕食がどうしても多くなってしまいます。

時間を割いて食事をゆっくり摂るために、20分は必要です。

そうした食習慣で、血糖値が上昇するのを抑えたり、過度な食欲を回避できたりするからです。仕事で時間が取れなくても、食事を5分ほどですませるのは避けましょう。

食物繊維には上昇した血糖値を下げる効果がありますので、海藻類やきのこ類を多く摂るようにしてください。

糖質の多い食品(ポテト・コーンなど)は意識しながら摂ってください。

「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂取量の目安が1食あたり40gまでです。

一日三度の食事をバランスよく摂り、ご飯は少なめにすることが重要です。若年層が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」は最も避けなければなりません。

「カツ丼とざるそばセット」のようなものも同様です。

つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないということです。

糖質制限の考え方からも栄養素の豊富な幕の内弁当とご飯の量を減らすことを、提案しています。

「緩やかな糖質制限食」では、あまりカロリーを気にしないで、野菜、お魚・お肉はたくさん食べましょう。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 糖尿病を予防する食事にベストな宅配食サービス All rights reserved.