―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

糖尿病を予防する食事にベストな宅配食サービス

糖尿病宅配食サービスを調べる為の情報を手に入れたいなら、糖尿病宅配食サービスについて載せている専用サイトを見てみると良いですよ!本当に貴重な糖尿病宅配食サービスの情報を、どんなウェブページよりもしっかりと理解することが可能です。
トップページ > 人は加齢とともにインスリンの働きが低下する

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

人は加齢とともにインスリンの働きが低下する

人は加齢とともにインスリンの働きが低下するため筋肉への糖の吸収が減っていきます。

したがって、血糖値が上昇しやすくなります。

特に食後は、ブドウ糖がいっぺんに体の中に吸収されるため血糖値が上昇します。

血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。

食事法の一つで、食事の際は野菜から食べる方法です。食物繊維を多く含んだゴボウやキャベツなどの野菜は、ほかの食品の消化吸収を緩やかにする効果があります。

ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするため、体内にブドウ糖が取り込まれるのを和らげます。

糖尿病予備群と言われた事のある方のなかには、「自分には何の自覚症状もないから、好きなものを食べて、運動をしたりする必要はない」と思っている人がいるかもしれません。糖尿病予備軍といわれている間は無自覚なため、前もって生活を変えるということは難しいことです。ですが、糖尿病の中でも境界型という段階になると、様々な体調の変化が顕れてきます。例えば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが血中での異常な変化を示すことは、糖尿病と診断される前の段階からあります。

もし糖尿病になってしまったら、好きなものを食べられないと想像している患者さんが多数だと思います。

だかといって、糖尿病の患者さんにとって、食べられないものは何もありません。

「食事療法」といっても特別なメニューがあるわけではなく、食べ物に含まれるさまざまな栄養素のバランスと個々に合った総摂取エネルギーを照らし合わせながら実践することが重要になります。食事療法のそもそもの目的は、糖尿病の患者さんへ向けた絶対条件というものではなく、本来健康なひとでも考えないといけないことなのです。

1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病が、主な糖尿病の種類です。

そのうち、日々の食生活や生活習慣の影響は大きく患者数の最も多いのが、「2型糖尿病」です。

血糖値が高くなっても自覚症状を感じることが稀なため、何かと病状悪化の原因となり多くの合併症の引き金になります。2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、治療には食生活の見直しと改善が必要です。糖尿病性の合併症を防ぐための体重や血糖のコントロール、そのうえ悪化を食い止めることも食事療法の主旨です。

いろいろな栄養素を適量とるのが、糖尿病を患った方には非常に大事な食事法です。個々に応じたエネルギー量の範囲内で、調和のとれた食事をとるためにヒントとなるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。

その食品交換表で私たちが日々摂取している食品を見てみると、そのうち最も多い栄養素をもとに、6つの食品グループ(6つの表)と調味料に分けて、80kcal(1単位)のエネルギーを含む食品の重量を掲載しています。

食品交換表を活用することで、料理の種類も豊富になります。

体内時計の乱れには2型糖尿病や肥満を伴う危険性が潜んでいます。

普段わたしたちが行っている睡眠・糖代謝・脂質代謝、また体温・血圧など、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、「体内時計」によって大きく作用します。

毎日の生活習慣は、「体内時計」に多大な影響を及ぼします。「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」のことです。

「どの食品をどれくらいの量摂取するか」といったこれまでの栄養学に、「食べるタイミング」といった体内時計の特質を付け足し、食事のタイミングと作用について新しく研究する分野です。

一日3回の食事の量は、毎食ごとなるべく同じくらいがよいのですが、どうしても夕食が多くなってしまいます。

忙がしくて、食事には20分の余裕をもって食べることです。

食事に時間をかけることで、血糖値の上昇を抑えたり、満腹中枢が満たされたりするからです。

多忙な仕事の合間に、5分で食事をすませるようなことは控えましょう。

食物繊維は血糖値を下げる作用を促しますので、海藻類やきのこ類を多く摂るようにしてください。ポテトやコーンは糖質が多いので要注意です。「緩やかな糖質制限食」は、糖質摂取量の目安が1食あたり40gまでです。一日三度の食事をバランスよく摂り、ご飯は少なめにすることが重要です。

若い人が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番不適切です。

当然「カツ丼とざるそばセット」なども良くありません。なぜなら、糖質の多すぎる食事はよくないからです。糖質制限の観点からも「幕の内弁当にしましょう。そしてご飯は半分残しましょう」と、すすめています。

「緩やかな糖質制限食」では、カロリーはあまり気にせず、野菜、お魚・お肉はたくさん食べましょう。年々増加する糖尿病は、上昇した血糖値を下げるインスリンとよばれるホルモンがバランスを崩し、血糖値がなかなか下がらなくなる病気です。人生の多くを費やす糖尿病治療の目標は正常なバランスを維持するための体重・血圧・血糖・血清脂質の管理を継続することで、その他の病症を合併する可能性を避けることができ、健康な人と同様に活動的な日常生活や人生をたのしみながら送れるようにすることです。

適切な指導による食事療法などは治療の一環として、糖尿病の悪化を防ぎ、その他の合併症や動脈硬化症への予防にもつながります。

あなたにとって適正な総摂取エネルギーが1日1600kcalと指示された場合、食品のうち1日に交換できる単位が20となりますが、栄養素の種類がバランスよく含まれているかを考えて選ぶことが大切です。

みなさんがよく知っている外食メニューも、「食品交換表」には掲載されています。目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。

また、薬物療法を受けている患者さんの場合は、食べるタイミングを間違えると低血糖になることがあるので注意が必要です。献立をマンネリ化させない工夫をしたり、外食の仕方をうまく取り入れながら、食事療法を上手に活用してください。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 糖尿病を予防する食事にベストな宅配食サービス All rights reserved.